複雑な仕組みの機械のこと

>

検品と出荷という工程

しっかりとチェックする

粗悪品が混ざっていないか、確認することも精密機械製造の工程で大切です。
どんなに真剣に作業していても、1つや2つは間違いが起こってしまいます。
それを取り除くのが検品という工程で、工場では機械で検品したあとに、人間が目で見ながらチェックしています。
このように機械と人間の2重構造にすることで、見落とすリスクが低下します。

もし粗悪品が残ったまま出荷してしまうと、依頼主に迷惑をかけます。
工場の信頼が低下するので、最後まで気を抜けません。
厳しいチェックを通過できたものだけが、精密機械として出荷される仕組みです。
粗悪品がたくさんあった場合は、納品数に間に合わないかもしれません。
そのため、再び部品を作る工程からやり直します。

丁寧に梱包して出荷

家電や医療器具などの精密機械は、非常にデリケートで壊れやすいです。
些細な衝撃が加わっただけでも壊れますし、急激な温度変化にも弱いです。
そのため、精密機械を運ぶ作業も一苦労だと言われています。
実際には温度管理ができるトラックを使い、精密機械を1つずつ丁寧に梱包しています。
そして精密機械に余計な衝撃がいかないよう、安全運転で運んでいます。

せっかく製造した精密機械が、輸送の段階で壊れたら意味がありません。
工場での努力が無駄になるので、ドライバーの責任も大きいですね。
またかなり長い距離を移動する場合は、船や飛行機といった手段が使われます。
それでも基本的には変わらず、精密機械を梱包材で包んだ上で段ボールに詰められます。


この記事をシェアする
B!