複雑な仕組みの機械のこと

>

特殊な機械で作っていく

工場側に大きなメリット

製造の工程に進んだら、特殊な機械に任せることが多くなります。
昔は人間が行っていましたが、仕事量が多いとそれだけ負担になります。
すると疲れが溜まってミスが起こるので、ほとんどの工場では機械化が進んでいます。
さらに機械化するメリットは、少ない人数でも精密機械を作れるという部分です。
つまり人件費の節約ができるので、どんどん機械を導入する工場が増えています。

設計図通りに素材を切り取ったりプレスしたり、機械によって様々な作業ができます。
機械に任せれば楽ですが、操作するのは人間です。
設定や操作を間違えると、設計図通りの精密機械を作れなくなってしまいます。
ですから工場で働く多くの人は自分の仕事に責任を持ち、作業しています。

一通り製造したあと

精密機械の部品が完成したら、洗浄します。
汚れが残っていると見栄えが悪いだけでなく、組み立てる時にうまく部品がはまらないというトラブルが起こるので重要な工程です。
さらに部品によっては、金やニッケルなどのメッキ加工を行います。
メッキ加工をすると、部品が丈夫になる面がメリットです。

このような工程を経てから部品を組み立て、精密機械が完成します。
身の回りたくさんあり、普段から精密機械を使っている人が多いでしょう。
しかし精密機械が完成するまでは、このような工程があると忘れないでください。
今は、精密機械がないと生活が成り立たないというレベルにまでなっています。
それだけ、精密機械製造業の存在が大きいと言えますね。


この記事をシェアする
B!