複雑な仕組みの機械のこと

>

製造の流れを見ていこう

最初に行う工程とは

依頼されて、いきなり精密機械の製造に進むことはありません。
まずは依頼主と話し合い、どんな精密機械を作ってほしいのか意見を聞きます。
依頼主の意見がまとまっていない場合は、話し合いの段階で長い時間が掛かると覚えておきましょう。
また作りたい精密機械のデザインだけでなく、素材についても話し合います。

工場によって用意されている素材が変わりますが、大手の工場になればそれだけ使える素材が増えます。
ですから複雑な精密機械や、珍しい素材を使ってもらいたい時は大手の工場に相談する人が多いようです。
さらにいつまでも精密機械を完成させれば良いのかという納期や、料金について話し合いが終わったら、いよいよ製造の段階に進めます。

誰が設計図を用意するのか

精密機械を製造する際は、設計図がなければいけません。
どんなに実力があり経験が豊富な工場でも、設計図を見ないで精密機械を作ることは不可能です。
設計図は依頼主から持ち込まれるケースもありますし、工場が作成するケースもあります。
設計図を用意できなかった場合でも対応してくれるので、気軽に相談できますね。

ただ設計図の作成を任せる場合は、別途で料金が発生することが多いです。
すると自分で作成した方がお得だと感じますが、工場のスタッフは豊富な知識を持っています。
精密機械を作るために必要な情報を設計図に全て記載してくれるので、製造しやすくなります。
設計図を作成するのは意外と手間が掛かりますし専門的な知識も必要なので、任せても良いでしょう。


この記事をシェアする
B!