精密機械ができるまでをわかりやすく説明します

複雑な仕組みの機械のこと

意見を聞くことが大事

工場では最初に、依頼主と話し合います。
この工程を省くと、依頼主の希望通りの精密機械になりません。
トラブルが発生するので、最も重要な部分だと言えます。
話し合いが決まったら設計図をもとに、素材を用意します。
大手の工場では豊富な素材を用意しており、どのような精密機械でも対応できるように備えているようです。
また依頼主が設計図を用意していない場合は、工場側が作成します。

話し合いや材料の準備を終えて、ようやく本格的に精密機械の製造に進めます。
ほとんどが機械作業になりますが、機械を操作するのは人間なので、非常に責任の大きな仕事になります。
またほとんどの機械作業にしたおかげで、工場では人件費を節約できています。
精密機械の部品が完成したら洗浄したり、さらに加工をしたりします。
ここで丁寧に洗浄し、加工することで部品の耐久性を高められます。

精密機械が完成してもそこで終わりではなく、次に検品されます。
検品は機械と人間の目の2重構造になっているので、粗悪品を出荷するリスクが低いです。
そして精密機器は厳重に梱包され、出荷されます。
精密機器は様々な種類がありますが、ほとんどがデリケートで壊れやすいものです。
ですから出荷中にダメージを受けて壊れることがないよう、丁寧に運ぶことが求められます。
このような流れを経て精密機器が作られ、日常の中で使われています。
身の回りの精密機械も、ここに来るまでに長い工程があったと理解しましょう。

製造の流れを見ていこう

工場は、勝手に精密機械を作れません。 依頼主の要望を聞いて、それに合う精密機械でないといけません。 ですから最初の、話し合う段階が非常に大事です。 ここに長い時間が掛かるケースも、多く見られます。 またこの段階で設計図を作成したり、素材の確認をしたりします。

特殊な機械で作っていく

昔は、精密機械を作る際は人間が1つ1つの作業を担当していました。 しかしそれでは負担が大きく、ミスが起こりやすいので今は機械化が進んでいます。 すると工場側にとって、人件費を削減できる面がメリットですね。 一通り部品が完成したら洗浄や、加工の工程に進みます。

検品と出荷という工程

完成した精密機械を、すぐに出荷することはできません。 主に機械で作業を進めていますし、人間も正しく機械を操作しています。 しかし絶対に、間違いが起こらないわけではありません。 時々はミスが起こってしまうので、そのような精密機械を調べる検品という工程があります。